学校について

ぺリタインターナショナルスクール(以下ペリタ)は、スリ・ぺリタセカンダリースクールとして2000年に13人の生徒と一緒にスタートしました。個々を尊重し、「A genius in every child」をビジョンとした教育を目指しています。広々としたキャンパスの中、自由に学べる環境設定です。ペリタは子どもたちの多様な知性を持ち、IQとEQの両方を育てることが必要と考えています。そのため子どもたちにクラブ活動や地域奉仕への参加を奨励しています。

また、マレーシア出身の教師が多く、中国語の授業も行っています。そのため、在籍時から英語と中国語とそれぞれの母国語の3ヶ国語は理解できるようになっています。マレーシアを留学先に選ぶ際に、最重要事項の英語学習に次いで第二外国語の選択も大切です。これからのアジアにとって重要になる中国語を学ぶ機会があることはグローバルに対応できる人の未来につながります。この学校を選ぶ生徒と親御さんには、英語プラス中国語の授業が将来にとって魅力的です。これが開校して年月が浅いインターナショナルスクールでも、多くの生徒数が集まっている理由になります。

特徴

1 広大なキャンパスと充実の施設

ペリタインターナショナルスクール ペナン校には学校施設として、テニスコートやカフェテリアがあります。プールは学校にはありませんが、プール利用の際には学校が送迎バスを手配します。バスで放課後にスポーツクラブへ行き、水泳を覚えます。また、学校主催の水泳大会もスポーツクラブで開催するので、普段から密接に生徒や学校関係者が利用するクラブになります。このように放課後のクラブ活動がスポーツを中心に盛んです。他にもスポーツクラブ活動では、バドミントンやサッカーにダンスも行います。月曜日から木曜日までの週4日をクラブ活動にして、生徒相互の体力の向上や信頼関係を築くようにしています。学校行事は、大学と交流する目的でも行います。ミュージカルコンサートは大学のホールで実施します。これで、高校卒業後の進路を決めるための指導も合わせて行っています。

2 体験入学を開催

ひとり渡航の対象年齢は、10歳から16歳までです。5歳半から9歳までは親子留学の形で体験入学に参加できます。他のマレーシアにあるインターナショナルスクールとの違いは、他学校が1週間で夏休みの期間を利用した体験入学なのに対して、通常の学期内に1ヶ月の体験入学が行われる点です。これなら入学をした際の学校の授業や雰囲気が分かると家族や本人の評判も高いです。

3 ケンブリッジ式カリキュラム

学習カリキュラムはイギリス系のケンブリッジ式でIGCSEを行います。国際バカロレアではありません。ケンブリッジ式は、もともとマレーシアがイギリスの領土だった頃から実施教育の歴史があります。日本人にはあまりなじみがない学習カリキュラムですが、マレーシアでは長年教育されてきたシステムです。そのため、指導者であるマレーシア人やイギリス人も同じ方式で育った教育者が多いです。

学校詳細

正式名称
PELITA INTERNATIONAL SCHOOL
地域
ペナン
設立年度
2000年
規模
約300人
入学時期
9月

学費

授業料

幼稚園 約144,000円/年
小学校 約297,000円/年
中学校 約600,000円/年

その他必要な費用

入学金 約18,000円~約105,000円
  • 観る留学コンテンツ TIP TOP 留学探検隊
  • ガッチリ留学・時々リゾート!?南海の孤島に眠るセブ留学の謎
  • 留学先を国・都市から探す
  • 留学先を学校から探す